BRANDS IN CULTURE

「文化の多くは、黒人やヒスパニックに影響されている」:ペプシコは、広告の人種問題といかに向き合っているか?

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


人種間の不平等に関する意識が世界中で高まるなか、一部の広告主は、そうした問題へのよりデリケートな理解を深めるための方法を模索している。ペプシコ(PepsiCo)はその一社だ。同社は、人種的マイノリティの努力や闘争、およびその成果を利用して利益を得るという、既存の手法から脱しようと努めている。