eコマースと直結したファッション誌『ポーター』の実験:紙とデジタルの新しい関係

雑誌『ポーター(Porter)』は、一般的なファッション誌に見えるが、ショッピングアプリ「NET-A-PORTER」とも連動しており、まるでeコマースカタログのように利用できる。紙の雑誌をペラペラめくっているときに、気になる商品が見つかったら、アプリのカメラでページをスキャンすれば、すぐに商品購入ページに行き着くことができるのだ。

2014年から隔月刊で発行されている、この『ポーター』。年会費25ドル(約2800円)で、高級志向の顧客に向けに配布される、eコマース対応の雑誌となっている。

「従来の雑誌は、読者をじらす存在だった」と、『ポーター』のルーシー・ヨーマンズ編集長は語る。ヨーマンズ編集長は、2012年まで女性向けファッション誌『ハーパーズバザー(Harper’s BAZAAR)』の編集者をしていた。

たとえば、『ヴォーグ(VOGUE)』誌のページをめくると、買いたいと思うコートやバッグを見つけることができる。だが、そうした商品は、現実では簡単に手に入れられないと、同氏は指摘する。「顧客に対して、購入させようと煽りながらも、結局は入手できないのだ」。