RETAIL REVOLUTION

紙のカタログ廃止、 イケア の判断は正解だったのか?:小売業界のトレンドに反した動き

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


12月7日、イケア(Ikea)はこれまで70年間続いてきた紙の製品カタログを廃止すると発表した。同カタログは、小売業界においてもっとも長い歴史をもつカタログのひとつとして知られてきた。だが、イケアではオンライン売上が増加しており、紙のカタログへの関心が低下していると述べている。