米・アルコール業界は、なぜ D2C に出遅れているのか?:新興 食前酒ブランド「ハウス」の挑戦

DIGIDAY+ 限定記事 ]いまのところ、スピリッツ業界はD2C(Direct to Consumer)ブームから取り残されている。その閉鎖空間に風穴を開けるのは困難だ。しかし、起業家のヘレナ・プライス・ハンブレクト氏は、新時代のアルコールブランド構築に向けた戦略を練った。その結果が、アルコール度数15%の食前酒、ハウス(Haus)だ。