SNSの投稿写真でターゲティングした、コカ・コーラの試み:その効果は通常の5~10倍

コカ・コーラ(Coca-Cola)は2016年夏、新ブランド「ゴールドピーク(Gold Peak)」の広告でターゲティングするために、ユーザーの検索履歴を利用することはしなかった。その代わりに、Facebook、インスタグラム、Twitterに投稿された写真をチェックし、それに基いてターゲティングを行った。