AI活用で「リード獲得単価」を半減した、高級ジムの挑戦:オレンジセオリーの考え方

昨年12月に、高級ジムであるオレンジセオリー(Orangetheory)は、AIプラットホームをローンチした。最高ブランド責任者であるケビン・キース氏によると、これによってCPL(コスト・パー・リード)は20ドルから8ドル(およそ2000円から800円)に下がったという。