これぞ北朝鮮のリアルなのか? インスタグラムで話題の投稿

先日、有名インスタグラマーの一行が北朝鮮に降り立った。少なくともインスタグラマー4人(フォロワー総数約140万人)が、閉鎖的な朝鮮民主主義人民共和国を撮影した美しい写真をフィードに流している。

ブルックリンの写真家タイソン・ホイートリー氏(フォロワー数:約65万5000)、ロサンゼルスの写真家ジェシカ・ゾルマン氏(フォロワー数:約24万7000)、そしてブルックリン在住の作家でデザイナーのクリス・コノリー氏(フォロワー数:約57万4000)は、1週間北朝鮮に滞在。近隣諸国をミサイル攻撃で繰り返し脅す、大部分が世界から切り離された全体主義社会で撮影した美しい写真を、インスタグラムを通して外の世界に紹介した。