「景気が好転する兆候」: 広告主の「第4四半期」見通しは、慎重ながらも楽観的

現在の不安定な状況がいつまで続くかは不透明な一方、今年の残りはメディア支出についてこれまでほど劇的な削減やキャンセルは起こらない見通しとなっている。世界広告主連盟(WFA)がグローバル企業39社に対してアンケートをとったところ、回答企業35社のうち半数以上となる54%がキャンペーンの延期を行わないと答えている。