MARKETING ON TIKTOK

TikTok のバズをきっかけに、 GAP が「復刻製品」を販売:アイデアの「クラウドソーシング」にも活用

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


TikTokのバイラルコンテンツは、ブランドのマーケティング戦略に影響を与え続けている。その最新の例がGap(ギャップ)だ。同社は先日、2000年代初期に販売を中止したデザインのパーカーを再販しはじめた。そのきっかけとなったのは、TikTokのクリエイターやインフルエンサーたちだった。