小売業界の「救世主」は、目立たぬ技術とインフラの再構築:「eコマースには金がかかる」

D2Cブランドは別として、小売業者や買い物客のeコマースへの適応は遅々として進まなかった。しかし、これはコロナ禍が起きるまでの話であり、米国では大多数の店舗が閉店/休店に追い込まれた現在、eコマースはリテール業界に残された数少ない選択肢となっている。