従来戦略に回帰する、「ディスラプター」ブランドの思惑:DTC(直販)の理想と現実

いまや使い古されたDTC(Direct To Consumer:直販)戦略ノートには、小売りの中間業者を排除し、eコマース販売に特化し、高品質の製品を少ない利益幅で売り込め、といった戦略が書かれていた。振り返って見ると、DTCブランド時代の幕開けは、信じられないほど理想化されていた。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(480円)です!】