DIGIDAY+ TALKS:デパコス、余儀なくされた「CX改革」の現在 - カネボウ 加藤義久氏 × Glossy 山岸祐加子氏

業界のリーダーたちとディスカッション繰り広げるオンラインイベント「DIGIDAY+ TALKS」。このシリーズでは毎回、ブランドおよびパブリッシャービジネスの実務的なチュートリアルについて焦点を当て、まさしく明日が読めない今をナビゲートする。

第5回目となる今回のテーマは、「デパコス、余儀なくされた「CX改革」の現在」。

いわゆるデパートや百貨店で扱われるコスメブランド「デパコス」は、コロナ危機でもっとも大きな打撃を受けた分野のひとつだ。品質の良さとともに、リアルな顧客体験ーー美容部員のタッチアップやアドバイスが、その大きな魅力だったからだ。今回のDIGIDAY+ TALKSでは、感染拡大防止のため余儀なくされた、デパコスの「CX改革」の現在について、株式会社カネボウ化粧品の加藤義久氏、美容分野のB2Bメディア「Glossy Japan」の山岸祐加子編集長にディスカッションしてもらう。

・Glossyから見る、欧米ビューティブランドの最新CX事情
・カネボウ化粧品が経験した、コロナ禍によるCX改革と課題
・Withコロナ時代におけるビューティー業界、今後の展望

第5回「DIGIDAY+ TALKS」の詳細は、以下のとおり。

◆ ◆ ◆

202011kaou■ 登壇者(スピーカー)
加藤義久/カネボウ化粧品 マーケティング部門 コミュニケーション企画グループ部長。国内大学を卒業の後、渡米。MBAを取得し国内精密機器メーカーに入社。宣伝広告業務を担当。後にカネボウ化粧品にジョインし、広告クリエイティブ、商品PR、媒体戦略を担当。社内でウェブ広告専任のチームを立ち上げ、現在に至る。
直近の担当業務は自社ブランドデジタル施策の監修および自社マーケ部門におけるデータ活用とマーケティングプロセスの見える化を推進。オーディエンスデータをはじめとした、さまざまなマーケティングデータを収集・分析し、経営/ブランドへフィードバック。コミュニケーションROIの改善およびCXM視点での各種プロジェクトを推進中。

202011yamagishi■ 登壇者(モデレーター)
山岸祐加子/Glossy Japan編集長。広告代理店、女性誌の編集者を経て、2000年株式会社カフェグローブ・ドットコムに入社。日本の女性向けウェブメディアの草分け『cafeglobe(カフェグローブ)』『cafeglobe(カフェグローブ)』(現在、MASHING UP)にて副編集長を担当。2009年からファッション・モード系メディアにて、ウェブエディター、プロデューサ ーを担当。2017年3月(株)メディアジーンに入社し、マイロハス編集長をつとめる。2020年9月より現職。

■ 開催日時
2020年11月10日(火) 11:00−12:00

■ 開催方法
Zoomウェビナー(開催前日までに参加リンクをお送りさせて頂きます)

■ 参加費用
DIGIDAY+ プレミアムプラン会員 無料
DIGIDAY+ ライトプラン会員 2000円(税込)
一般読者 2000円(税込)

■ 参加方法
以下のeventregist申し込みフォームからご購入手続きをお願いいたします。

− プレミアムプラン会員専用の「プロモーションコード」は、こちら でご参照ください。
− プレミアムプラン会員で上記リンクにアクセスできない場合はこちらよりFB限定グループへの参加リクエストをお願いします。
− 新規でプレミアムプラン加入をご希望の方は、こちら から。

Written by DIGIDAY[日本版]編集部