DIGIDAYリサーチ:マーケ の インハウス 化、そのトレンドを示す5つのチャート

DIGIDAY+ 限定記事 ]マーケターたちが業務のインハウス化を進めることは、新しい現象ではない。

実際、賛否はあるものの、このトレンドは拡大しつつある。そのため、多くのプロジェクトワークや指名代理店の割り当てが減るプレッシャーをエージェンシーたちは感じており、インハウス化の影響を受けてきた。マーケターは、エージェンシーとの提携を取り止めるためにインハウス化を進めているのでなく、彼らのマーケティング能力で優れた技術を持ち、必要に応じて、さらなる融通を利かせようとしている。

DIGIDAYリサーチでは、マーケターたちが具体的に取り組んでいること、そしてそれに取り組む理由を調べた。

ブランドがインハウスを採用する理由