2020年、何を選び、何を捨てたか?:DIGIDAY BRAND LEADERS 11/6に開催

まだまだ、先の見えない状態は続いているが、少しずつ復興の兆しも見えてきた。これから年末に向けて一度、皆さんと「棚卸し」をしておきたい。

DIGIDAY[日本版]では、11月6日リッツ・カールトン東京にて、1dayイベント「DIGIDAY BRAND LEADERS 2020(略称:DBL)」を開催する。DBLは日本有数のブランドマーケターだけでなく、そのブランディングパートナーとなる指折りのパブリッシャーが集い、デジタル時代のブランドマーケティングについて議論しあうイベントだ。

今回のDBL2020のテーマは、「2020年、何を選び、何を捨てたか?」。

文字通り世界が一変した、2020年。新旧・大小を問わず、すべての人、物、事に少なからず強制的なアップデートがもたらされた。その際にブランドたちは、何を選んで、何を捨てたのか? 彼らが自分たちのニューノーマルを構築するために行った「取捨選択」の一部始終を棚卸しし、新しい時代のブランドのあり方を議論する。

なお、第4回を数えるこのイベントは、これまで福岡・京都において合宿形式で実施されてきた。だが、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、東京にて1dayで実施する予定となっている。

詳細は、こちらの専用ページでアップデートしていく。ぜひ、確認してもらいたい。

<新型コロナウイルス感染拡大防止対策について>
開催にあたっては、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を十分に講じて運営いたします。また、感染状況などに応じて、運営方法や実施の可否を都度検討してまいります。

Written by 長田真