コロナを乗り切るため、 ジャガー はあえて広告を続ける

景気後退局面でマーケターが抱く究極の疑問は、先に備えて広告支出を控えるのか、現状維持で市場シェアの獲得を期待するか、ということだ。マクロ経済学的な嵐が吹き荒れ続き、2020年の無数の広告戦略が練り直されるなかで、 ジャガー(Jaguar)は、ハンドルを固く握りしめ、年間マーケティング計画に従って前進している。