なぜ モバイル広告ブロック への懸念は、杞憂に終わったか?

何年か前、心配性な人たちはアドブロッカーのせいで、パブリッシャーが何百万ドルもの売上を失うことになり、インターネットを殺すと声高に騒ぎ立て、広告主がパニックになるという主張を展開した。

現在、パブリッシャーの頭の中におけるモバイルアドブロッキングについての意識は、実在する脅威から自分たちで管理可能な問題へと薄らいでいる。優先的に解決すべき問題のリストにおいて、ユーザーのプライバシーを保護する法令の管理やサードパーティCookieの利用が減少するなかでのオーディエンスの特定よりもその順位は下がってしまった。

モバイル機器経由でパブリッシャーサイトにアクセスしているユーザーが増えているという事実にも関わらず、パブリッシャーは、自分のサイトでのアドブロッカー数の増加に苦しんではいない。その理由のひとつは、パブリッシャーがモバイル向け広告からそれほど多くの売上を得ていないことがある。さらに業界全体としても、オンラインでの広告体験の改善に向けて大躍進を遂げた。おまけに、モバイル機器にアドブロッカーをインストールすることは難しく、それゆえに、それほど普及もしていない。

数字に見るユーザー心理

テクノロジーベンダーは、現在モバイル機器上でニュースパブリッシャーの広告をブロックしているユーザーの割合は8%~15%と考えている。インタラクティブ広告協議会(IAB)とオンライン出版社協会(Association of Online Publishers:以下、AOP)が2019年に別々に行った調査によると、モバイルのアドブロック率は8%と2.4%とそれぞれ試算している。

パブリッシャーのトラフィックがデスクトップからモバイル機器へと移行するなかで、人々が小さなスクリーン上で広告をブロックしてしまうのではないかという恐怖は、まだ現実にはなっていない。IABとAOPによると、ユーザーによるデスクトップでのアドブロック率は、一時は30%にまで達したが、現在は20%に留まっている。

「別々のアドブロックアプリをダウンロードしインストールするのは面倒だ」と、パブリッシャーの広告マネタイズを支援するアドテク企業、レゾネンス(Rezonence)の創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるプラッシュ・ナイドゥ氏はいう。「モバイル広告の多くはウォールドガーデン内で提供されているので、いずれにせよアドブロックからは隔離されている。だから、ユーザーにはアドブロックをインストールする動機付けがない」。

コムスコア(Comscore)の2019年2月のレポートから、ユーザーがモバイル機器を利用する時間の57%はアプリを使用していることがわかっている。これは、ほかのコンピューター機器の場合よりも長く、アドブロッキングソフトウェアのインストールがもっともよく行われているデバイスは、その利用時間が一番短い。モバイルでのアドブロッキング率はパブリッシャーによって大きく異なる。たとえば、ゲームサイトは通常アドブロッキング率が高い。

モバイル広告の価格格差

パブリッシャーがモバイル機器でのアドブロッキングをあまり気にしないもうひとつの理由は、デスクトップ広告と比べてモバイル広告の価格に格差があることだ。デスクトップ広告で1000インプレッションを獲得するのにかかるコストは25ポンド(約3600円)だが、モバイル広告では8ポンド(約1150円)で済む、とレゾネンスの最高売上責任者(CRF)を務めるアダム・ギルセナン氏はいう。つまりパブリッシャーは、ユーザーがモバイル機器でアドブロッキングを実行した時に、多くの売上を失うわけではない。AOPのデータによると、2017年には、英国のトップクラスのパブリッシャーは、モバイル機器やデスクトップ機器のアドブロッキングによって、年間260万ドル(約2.9億円)をそれぞれに失っている

最終的にパブリッシャーは、広告が嫌いな人もいて、ブロッカーを使って企業による追跡に対抗するかもしれないことを受け入れている。

2019年10月以降、開発者が新製品をテストできるGoogleのブラウザ「Chrome Canary」は、重い広告の読み込みをブロックしている。ブロックされると、ユーザーは、広告がブロックされたという通知を受け取る。Chrome Canaryは、この機能がまだテスト段階だという事実に安心するに違いないユーザーを意図したものなので、この特定のコンポーネントの導入率は低いだろうとナイドゥ氏は示唆する。

「ブラウザは通常、集中的なスクリプトの実行を停止させるので、この機能がデフォルトになったとしても、それが大きな障害になるとは思わない」とナイドゥ氏は付け加えた。

外的要因による自然な流れ

ソースポイント(Sourcepoint)の共同創業者で最高執行責任者(COO)のブライアン・ケイン氏は、多くのユーザーはモバイル機器でアドブロッカーを有効にしないかもしれないが、当局のデータ保護政策やブラウザの仕様変更がアドブロックのような役割を果たす可能性はあると述べる。

「アドブロッキングのこの進化は、パブリッシャーは持続可能な収益化を確実に達成できる戦略を実行する必要があるという意味でもある。それは、個人を特定すること、ログインユーザーを奨励すること、個人の嗜好に可能な限り合わせてパーソナライズされた最高の体験を提供しつつ、ユーザーデータを保護し法令に従う方法を見つけることなどを通じて行われる」と、ケイン氏は述べた。

Lucinda Southern(原文 / 訳:ガリレオ)