ファッションショーは、もういらない? バーバリーがインスタグラム時代に行った決断

どんなことでも、即座に反応することが求められるデジタル時代に対応して、バーバリーは新しい方針を打ち出した。それに基づいて、自社商品のプレゼンテーション方法を大きく変えようとしている。

同社は、もはや半年先の春物や秋物のコレクションを開催しない。手はじめとして2016年9月に、通常は9月と2月に開催していた、2つのコレクションを同時に実施する予定だ。その後すぐに、店舗やオンラインで購入可能にするという。また、メンズとウィメンズもひとつのショーに統合する。

「ショーの開催は、多大なエネルギーを生み出す。ライブストリーミングやインスタグラムやオンラインでの展開を問わず、ショーを拡散させることは、人々の関心を大いに引く。しかし、ショーが終わるとブランドは、ドアを閉めてこう言い放つ。『じゃあ、ショーについては忘れよう。コレクションは5〜6カ月後まで店頭に並びませんよ』、と」。このように同社のチーフクリエイティブオフィサーのクリストファー・ベイリー氏は、「ビジネス・オブ・ファッション」の取材に答えている。