子供向けマーケティング戦略はバーチャルリアリティが流行り:マクドナルド、コカ・コーラ、マテルの事例

ブランドのマーケターたちがバーチャルリアリティ(VR)に興味をもちはじめている。

仮想空間ながら、実体験と感じられるエクスペリエンスを届けられるVRは、米百貨店、J.C.ペニー(JCPenney)、ディオール(Dior)やターゲット(Target)などの小売企業から、「エコノミスト(The Economist)」や「ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)」などのパブリッシャーに至るまで、さまざまなマーケティング戦略に採用されているのだ。

最近では、おもちゃ、ファーストフードや清涼飲料メーカーなどの企業たちが、VRを駆使して子どもやティーネイジャーをターゲットにしている。