インスタグラムを「顧客対応」に利用するブランドが急増:「コンタクト」ボタンで効率化

「カスタマーサービスツール」としてインスタグラムを使い始めるブランド企業が増えている。高級デパートのノードストーム(Nordstrom)や化粧品メーカーのベネフィット(Benefit)、航空大手のデルタ(Delta)、ファミリーレストランチェーンのデニーズ(Denny’s)など、すでに複数の企業がインスタグラムの新しい「コンタクト」ボタン経由でカスタマーからの問い合わせを受け入れている。「コンタクト」ボタンを使えば、消費者は電話やショートメッセージ、メールで直接、ブランドとコミュニケーションができるようになる。

デジタルエージェンシー ヒュージ(Huge)のソーシャルメディア部門でアソシエートディレクターをつとめるケビン・デル・ロザリオ氏は次のように述べる。「(インスタグラムの)『コンタクト』ボタン導入のメリットは、商品の評価管理やカスタマーサービスにおいて、もっとも早い段階でブランドの危機に気づくことができることだ」。