マーケティング機能の「内製化」、一部の企業は苦戦中

広告主たちは、こぞって自社でマーケティングを行おうとしている。エージェンシーや広告プラットフォームにとって、これはチャンスであると同時に脅威となっている。マーケティングを自社で行おうとして挫折したあとに、メディアエージェンシーやテックベンダーへと戻る広告主も出てきている。