西口一希氏の「顧客起点」とは、マーケティングの価値復権だ

西口一希氏の著書『たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点のマーケティング』とは、氏のマーケティングにおける長い実践経験から書かれており、マーケティングの現場や経営者の立場から、あらためてマーケティングが「顧客」を通して事業を動かす方法を解き明かしたものである。ーーニューバランスの鈴木健氏による寄稿。