BEAUTY

インディビューティブランド が依然デジタルに注力する理由:アフターコロナ時代のビューティ&ウェルネス

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


実店舗に焦点を定めている企業も増えているなか、インディービューティブランドの多くは、小売業に対して慎重なアプローチを取り、成長の道としてデジタルを選んでいる。そのいくつかの事例と戦略ーー「ゼン・アイ・メット・ユー」「タワー28」「ネオム」を紹介する。