PS5 と Xbox 、広告展開から見る「次世代ゲーム機」戦争:「あらゆる意味で対照的」

ソニー(Sony)とマイクロソフト(Microsoft)は、この秋発売予定のプレイステーション5(PlayStation5:以下PS5)とXboxシリーズX/S(Xbox Series X/S:以下Xbox)で再び対決する。これまで長年争ってきた両社だが、今回ほど「ゲーマーが求めていること」に対する考えの違いが鮮明になったのは初めてだろう。

両社が市場に投入するビジネスモデルはまったく異なっている。ソニーはこれまでのゲーム機のモデルを踏襲。ハードウェアの価格設定も堅実で、実店舗での販売やPS5限定版のタイトルを重視しているのが見て取れる。一方、マイクロソフトはゲーム版Netflixのようなサブスクリプションサービス、Xboxゲームパス(Xbox Game Pass)を強化する見込みだ。これは、クラウドゲーミングへの進出を狙うAmazonやGoogleの出鼻をくじく狙いもあるだろう。

広告展開に注力するソニー