広告活動をいかに「再開」すべきか、思案するブランド各社: 「いまは人々の気持ちに寄り添う」

米国のある大手小売ブランドにとって、新型コロナウイルスに見舞われたのは、今年の繁忙期がちょうどはじまったタイミングだった。そのため、同社も広告戦略を見直しはじめた数多くのマーケターの仲間入りをすることになった。宣伝を行うべきか、行うとしたらどのような方法をとるのか、といった点を同社は再検討している。
「DIGIDAY+ ライトプラン」は、30日間無料でお試し可能です!(※新規入会限定)