YouTube 弱小クリエイター切り捨て、懐疑的な関係者たち:「テレビと同じ間違いしている」

YouTube上で広告を通じて収益を得ることができる「YouTubeパートナープログラム」へのチャンネル参加基準が厳しくなったことで、ブランドたちは一時的に安心感を持っていた。しかし、参加チャンネルの数が少なくなったからといって、ブランドにとって安全な場所になるわけではないことに、彼らは気づきはじめている。