「まったく異なる言語」: ミーム 活用のマーケティングには、なぜリスクが伴うのか?

ミームの世界に飛び込んだブランドは多い。だが、若い消費者向けにミームを活用するというやり方は、かならずしも賛同だけを得られるわけではない。それは、若いオーディエンスの作り上げた茶化しやジョーク文化の背景を、ブランドが完全には理解できていない場合があるためだ。