2015年のアメリカで「炎上」した、5つのオフライン案件

ソーシャルメディアにおいて、ブランド企業を窮地に陥れるのは異常なツイートだけではない。小売業では、不用意に選んだTシャツのスローガン、不意打ちのようなプリント広告など、オフラインでの誤った行動が、ユーザーによってソーシャルメディアで投稿されると、一気に危機的状況に陥ってしまう。

以下が、誤った選択をしてしまったがゆえに、Twitterで攻撃の的となった小売企業5社だ。賃金も低いソーシャルメディアの担当者がすべての責任を負わされるのはかわいそうなケースもいくつかある。