Apple Watchのアプリ開発で参考にしたい3つの成功事例

まだ若い市場だが、多くのブランド企業は失敗を恐れずにApple Watchのアプリ開発を進めている。

しかし、Apple Watchのアプリ開発には課題がある。そのひとつは、Apple Watchをスマートフォンの延長線上にあるデバイスとして捉えることをやめることだ。通知の確認だけに機能を絞るなど、その小さなスクリーンに適したUXやサービスを考えることである。

デジタルエージェンシー、デジタスLBi(DigitasLBi)にてテクノロジーパートナーを務めるセルジオ・ファレッティ氏は「Apple Watchで通知を受けることは可能だ。しかし、多くのApple Watchユーザーは同時にスマートフォンを所持しているため、わざわざApple Watchで複雑な操作を行いたいとは思わないだろう」と話す。

「Apple Watchのアプリ開発の秘訣は、ユーザーがいつスマートウォッチを使用し、いつスマートフォンを使用しているのかを学ぶことだ」。

ブランド企業もやっとApple Watchの利便性を味方につけ始めている。以下に、Apple Watchのアプリの成功例を3つ紹介しよう。