伝統を打ち破ろうとする、 WPP 「大変革」の中身:「スケールはもはや購買能力ではない」

WPPが自らのビジネスを救おうと躍起になるなかで、その負担を請け負ったのがクリエイティブエージェンシーたちだ。しかし、真のリスクは、メディアエージェンシーにある。WPPが成長を加速させようとするなかで、彼らの計画が明らかにしたのは、広告主のメディア予算からのマージンへの依存を減らそうとする狙いだ。