エージェンシーの透明性について2015年に学んだ5つの事実

この2年間、熱く議論されてきたエージェンシーの透明性の問題が、2015年に入って最終局面を迎えた。エージェンシーは、自分たちが何をしており本当は誰のために働いているのか、本当にクライアントの利益のために働く「エージェント」なのかについて、とうとうオープンにならざるを得なくなった。

この記事では、エージェンシーの透明性に関して2015年に分かった5つの大きなポイントと、その影響を紹介する。