全米広告主協会の「透明性レポート」に株価は未反応:むしろ関連株の終値は微増

去る6月7日、全米広告主協会(Association of National Advertisers[略称:ANA])が発表したレポートでは、メディア・エージェンシー業界では「不透明な慣習」が数多く行われていると報告された。

それにもかかわらず、レポートが発表された同日火曜日、オムニコム(Omnicom)、IPG、WPPの株価は若干の上がりを見せてマーケットを閉じた。