いま 米国企業 で進行している「職場革命」とは?:「人生にフィットした仕事を」

DIGIDAY+ 限定記事 ]ミレニアル世代やZ世代の社会人のなかには、1日8時間働いて給料をもらう生き方は古臭いと考える者も多い。雇用において給料や福祉、昇進といった要素と同じくらい、ライフスタイルやアイデンティティが重視されるようになったのだ。こういった期待は「従来型」の構造やプロセスを残す企業により大きな影響を及ぼす。

新規入会限定 ライトプラン30日間無料体験実施中!DIGIDAY IDをお持ちの方は画面右上「ログイン」より「MyPage」へお進みください