DSP 淘汰の時代へ:「バイヤーがプラットフォームを理解するという転換期が到来した」

広告バイヤーは、使用するDSPの数を減らしてきている。それにより、入札で自社と競り合うリスクを減らし、料金と管理費を削減できるからだ。多くのDSPが似通った機能を追加したことで、プラットフォーム間の差はほとんどなくなってきており、規模が小さいニッチプレイヤーは困ったことになる可能性がある。