セクハラ が許容されやすい、広告業界が抱える闇:「私は黙って会社を辞めた」

映画業界のドンであるハーヴィー・ワインスタインのセクハラ告発にはじまり、各業界で女性たちが続々と被害を訴えている。広告業界も例外ではない。女性たちの証言から見えてきたのは、パーティーやアグレッシブさが称賛される文化、クライアントと代理店という力関係、男性優位の体制など、セクハラが許容されやすい業界が抱える闇だ。