「アフィリエイト」の購買データが、媒体社の苦境を救う?:スキムリンクスの新サービス「オーディエンス」

デジタル広告の支出額をめぐる競争では、パブリッシャーがFacebookやGoogleの広告ターゲティング力を相手にするのは容易ではない。だが、アドテクノロジー企業のスキムリンクス(Skimlinks)には、そこを対等に渡り合えるようにする方法があるという。

2006年に創設され、ロンドンを拠点とするスキムリンクス。タイムやゴーカーメディア、デイリーメールなどの媒体社に、アフィリエイト広告のネットワークを提供する企業だ。メディアに掲出された広告を通じて消費者が商品を購入した場合、パブリッシャーは売り上げの一部(平均5%)を得られる仕組みとなっている。

同社はさらに踏み込んで、サードパーティデータの販売にも乗り出した。それは、150万のパートナーサイトを利用して収集された、ユーザーが目を通して購入する商品に関する膨大なデータ(正確に言えば、1日あたりユーザー13億人の、15億個のデータポイント)だ。これによって、将来の購買行動を予測できるので、広告主にとって貴重なデータとなる、と同社は見解を述べている。