「自分は客寄せパンダにされた」:エージェンシーでは「人種差別」が課題として残っている

若いマイノリティのエグゼクティブとしての日々は厳しく、いろいろな意味で士気が失われ、憂鬱なものだという。ほかの業界と同じように、広告業界でも、キャリアを切り拓こうとしている民族的に多様な背景を持つ人たちは、それまで彼らが考えていたよりもはるかに多くの意識的そして無意識的な人種差別に直面しているのだ。