米エージェンシーに流行する「スマートドラッグ」とは何か?:シリコンバレーから火がついた新トレンド

記憶、創造性、生産性、学習能力を向上させる目的で開発されたスマートドラッグ。いくつかタイプがあり、利用者は自分好みに調合することも、特定の効果(たとえば、不安低減や集中力アップなど)がある市販薬を購入することもできる。いま、広告業界において激務のなかでも集中力を切らさないようにと、摂取する人が増えているという。