「広告業界はもっと、『口先だけの人間』に気をつけろ」:なぜいま、エージェンシーに現実志向が拡大しているのか?

広告業界には昔から、ただの目立ちたがりや、大きなことばかり言う人たちが横行するという「インチキ問題」がある。彼らは「業界を良くする」アイデアを次から次へと吹聴するが、実際は仕事で忙しいわけでも、経営幹部なわけでもなかったりすることが多い。