エレベーターは無人、ジョークは控えめに:コロナ時代に合わせて、広告をリメイクするエージェンシー

クリエイティブエージェンシーのマスタッチ(Mustache)は先頃、広告に手を加え、新型コロナウイルスが文化にもたらす影響に適合するようにした。つまりこれは、エージェンシーが以前に制作した広告を見直して、ソーシャルディスタンスを保てないシーンを削除し、真面目なナレーターの声に差し替えることを意味している。