「エージェンシーの 透明性 不足は、恥の上塗りを招いた」:メディアエージェンシー幹部の告白

匿名性を保証する代わりに本音を語ってもらう、DIGIDAYの告白シリーズ。今回は、持株会社が所有するメディアエージェンシーの内情に詳しいエグゼクティブが、クライアントたちはANAによる透明性レポートから受けたショックから、いまだに立ち直れておらず、信用はかつてないほど低いと語る。