WHAT COMES NEXT

「事態はあっという前に変わりうる」:コロナ禍による地域ごとの変化を注視するマーケターたち

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


新型コロナウイルスが広がってから、特にワクチン摂取率の低い地域で蔓延すると、広告主は再び地域データに目を向け、各地の感染状況に合わせてメッセージングや広告バイイングの調整を図った。いまでは、それらをどう調整していけばいいのか、以前よりもはるかに明確に掴めるようになったと思われる。