「ママの仕事はつまらない!」: 在宅勤務 のママやパパ、子どもたちの目にはどう映る?

広告業界で働く多くの人々は、新型コロナウイルスの感染拡大による都市封鎖のおかげで、慣れない在宅勤務に適応せざるをえなくなった。それだけではない。突然、親、教師、会社役員の一人三役を、すべてフルタイムでこなす必要に迫られている。

一方、そのような親を持つ子どもたちにとっては、このロックダウンは、ママやパパの仕事ぶりを垣間見る、めったにないチャンスをもたらしている。

そこで米DIGIDAYは、7人の勇敢なる広告会社役員に、インタビュアーというさらにもうひとつの役割を依頼し、子どもたちに親の仕事についてどう思うか聞いてもらった。

子どもというのは元来が予測不能の生き物だが、彼らの回答は、「パパといっしょにお仕事がしたい」という可愛らしいものから、「ママはもっとがんばるべきだ」という遠慮のない一撃まで、実にさまざまだ。総じて、広告会社の幹部の子どもたちは、「パパやママの仕事は、一日中、電話をかけまくること」だと理解しているようである。

◆ ◆ ◆

クリエイティブエージェンシーのクリスピン・ポーター・ボガスキーでマネージングディレクターを務めるヘレン・ジェイムズ氏が、娘のアグネス(4歳)とキティ(6歳)に聞いた

Helen, Agnes and Kitty. Source: Helen James

Helen, Agnes and Kitty. Source: Helen James

ーーママのお仕事は何?

アグネス : みんなが見るものをつくってる。ママのお仕事はパタパタカチャカチャいっぱい音がするの。一日中、コンピュータのキーを叩いてるわ。それと、みんなと電話で話したり。

キティ : いろんなところに広告を出すお仕事。いっぱい見たことあるよ、つまらない広告。デュオリンゴ(Duolingo:語学教育アプリ)も見たけど、あれは良かったわね。あ、でも、あれはパパの広告ね。ママのじゃないわ[編集部:ジェイムズ氏の配偶者のロブ・ウォード氏は、競合するエージェンシー、アンド・ライジング(And Rising)の最高戦略責任者を務めている]。それと、ママはテレビの広告もやってるわね。

ーーママのお仕事の一番良いところは?

キティ : ジューン[フラング氏のこと。クリスピン・ポーターのデザイン部門の責任者]がたくさんお菓子をくれるの。

アグネス : カップケーキゲームで遊ぶこと、それからデュオリンゴ[ジェイムズ氏の御夫君の広告]。

ーー大きくなったらママと同じお仕事がしたいと思う?

アグネス : 思わない。ほかのお仕事のほうがおもしろそう。お花や蜂を育てるとか、地球のお世話をするとか。

キティ : 思わない。私は探検家になるの。それと、ロッククライマー。

ーーママのお仕事で一番嫌いなところは?

アグネス : 私たちと遊ぶ時間とか、[学校の]お迎えに来る時間がないところ。

ーーどうしたらママはもっと上手にお仕事ができると思う?

キティ : もうちょっとゆっくりお仕事すれば? それから、もっとお休みを取ったほうがいいと思う。それか、お仕事を変えて、お医者さんとか獣医さんとかになればいい。みんなの役に立てるもの。

アグネス : もっとがんばってお仕事したほうがいいと思う。

広告代理店M&Cサーチでマネージングディレクターを務めるトム・ファース氏が、娘のケイトリン(6歳)に聞いた

Caitlin and Tom. Source: Tom Firth

Caitlin and Tom. Source: Tom Firth

ーーパパのお仕事は何?

ケイトリン : 広告をつくること。

ーーそれはどんなお仕事かな? パパは毎日、何をしているの?

ケイトリン : 書斎に座って、次につくる広告の台本を書いてる。

ーーパパのお仕事の一番良いところは?

ケイトリン : 仕事場でお友だちに会えること。

ーーパパのお仕事の一番嫌いなところは?

ケイトリン : 夜にならないと私たちに会えないこと。パパはとっても良いパパだから、夜しか会えないのはすごく悲しい。学校もあるから、一日中会えるわけじゃないし。

ーー大きくなったらパパと同じ仕事がしたいと思う?

ケイトリン : 思わない。私は消防士になりたい。かっこいいユニフォームを着て、かっこいいヘルメットを被って、火のなかでかっこいいお仕事をするの。それに、お給料ももらえるわ!

ーー広告のお仕事はお給料をもらえないの?

ケイトリン : もらえないよ。学校に行ってもお給料はもらえない。

ーー学校は広告のお仕事とは違うでしょう?

ケイトリン : まあ、パパのお仕事も、お金は確かにもらえるね。すごくたくさん。でも、お休みすると、そんなにお金もらえないよね。

ーーどうしたらパパはもっと上手にお仕事ができると思う?

ケイトリン : 学校に行く。学校でもいいんだけど、でも何かを覚えるっていうより、コースを取るべきね。

ーーそれはどんなコースかな?

ケイトリン : 障害物競走のコースじゃないわよ。絶対に違う。でも、コースが何かってことについては、もっと頭の良い人に聞いたほうがいいと思う。どんなコースかなんて、私には分からないもの。でも、障害物競走のコースじゃないことは確かよ。

クリエイティブエージェンシーのクリーチャーで最高経営責任者(CEO)を務めるダン・カレン-シュート氏が、息子のスタンリー(4歳)に聞いた

Stanley, Dan and Mali (who sat out the interview.)

Stanley, Dan and Mali (who sat out the interview.)

ーーパパのお仕事は何?

スタンリー : クリーチャーで働いてる。

ーーそれはどんなお仕事かな? パパは毎日、何をしているの?

スタンリー : 電話と、クリーチャーのお仕事。

ーーパパのお仕事の一番良いところは?

スタンリー : パパに会いに行けること。

ーーパパのお仕事の一番嫌いなところは?

スタンリー : ときどき、1階に行ってなさいって言われること。

ーーどうしたらパパはもっと上手にお仕事ができると思う?

スタンリー : 僕が手伝ってあげればいいと思う。

ーー大きくなったら広告のお仕事がしたい?

スタンリー : うん。パパといっしょにお仕事したいから。

広告代理店バーバリアンで最高戦略責任者を務めるアンドリュー・ドーソン氏が、息子のインディ(6歳)とホアキン(5歳)に聞いた

Joaquin, Andrew, Akari and Indy. Source: Andrew Dawson

Joaquin, Andrew, Akari and Indy. Source: Andrew Dawson

ーーパパのお仕事は何?

インディ : パパのお仕事は、電話をかけること。

ホアキン : お金を稼ぐこと。

ーー実際には、毎日何をしているの?

インディ : コンピュータでお仕事してる。それから電話をかける。

ホアキン : 確かに電話してるよ。コンピュータでお仕事しているね。

ーーパパのお仕事の一番良いところは?

インディ : お金を稼ぐところ。

ホアキン : パパのお仕事の一番良いところは、電話。

ーーパパのお仕事の一番嫌いなところは?

インディ : 一日中ずっとお仕事しているところ。

ーー大きくなったらパパと同じお仕事がしたいと思う?(思わない場合は、何がしたい?)

インディ : いやだよ。理由は分からないけど。僕は穴掘りがしたい。

ホアキン : いやだよ。だってつまらないもん。

ーーどうしたらパパはもっと上手にお仕事ができると思う?

インディ : 早めに終わらせればいいと思う。

ホアキン : もっと上手にお仕事するには、もっといっぱい電話をかける。

ハバス・メディア・グループのコンテンツおよびパートナーシップ部門であるジャンプ(JUMP)でマネージングディレクターを務めるニック・ライト氏が、息子のソニー(5歳)に聞いた

Nick and Sonny. Source: Nick Wright.

Nick and Sonny. Source: Nick Wright.

ーーパパのお仕事は何?

ソニー : 工事[ライト氏は、最近、夜の時間と週末を使って自宅を改築している]。

ーーそれはどういうことかな? パパは毎日、何をしているの?

ソニー : いっしょうけんめい働いてる。一番、一番、一番上のお部屋で、すごくすごくがんばって働いてるよ。

ーーパパのお仕事の一番良いところは?

ソニー : 僕の邪魔をしないところ。一番上[の部屋]は狭いんだ。パパのお仕事はとても静かでいい感じ。静かなのが一番だよ。

ーーパパのお仕事の一番嫌いなところは?

ソニー : もっとパパと遊びたい!

ーー大きくなったらパパと同じお仕事がしたいと思う?

ソニー : やだね!

ーーじゃあ、どんなお仕事がしたい?

ソニー : 科学者になりたい!

ーーどうしたらパパはもっと上手にお仕事ができると思う?

ソニー : もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっとがんばって働く。

ーー何かほかに言いたいことはあるかい?

ソニー : パパにはぜひそうしてほしい。大好きだよ、ソニーより。

クリエイティブエージェンシーのガットで最高クリエイティブ責任者を務めるアンセルモ・ラモス氏が、娘のヘレナ(17歳)とステラ(13歳)に聞いた

<Stella, Anselmo and Helena. Source: Anselmo Ramos Stella, Anselmo and Helena. Source: Anselmo Ramos[/caption]

ーーパパの仕事は何?

ヘレナ : ブランドのために広告をつくること。

ステラ : 広告関係。企業向けのコマーシャルを作っている。ガットっていう会社のオーナーよ。

ーー実際には、毎日何をしているの?

ヘレナ : 電子メールに返信したり、大声で電話をしたり。

ステラ : 電子メールを書いてるわ。クライアントに電話して、仕事の話をしている。クリエイティブの人たちが送ってくるアイデアを検討したり。

ーーパパの仕事の長所は?

ヘレナ : スタジオ撮影とか、カンヌ国際広告祭で受賞するとか。

ステラ : 会社の創業者のひとりであることと、毎日好きな仕事をしていること。

ーーパパの仕事の短所は?

ヘレナ : 長い仕事時間と長い出張。

ステラ : すごくたいへんな日もあること。ときに物事が思い通りにいかないこと。

ーー将来、パパと同じ仕事がしたいと思う?(思わない場合は、何がしたい?)

ヘレナ : ひとつの選択肢ではあるわね。でもまだ分からない。実際にコマーシャルの撮影をする仕事のほうがかっこいいと思う。

ステラ : 多分ないと思う。すごくやりたいと思える仕事じゃないから。嫌いじゃないけど、すごく好きってわけでもない。私は舞台芸術の仕事がやりたいな。

ーーどうしたらパパはもっとうまく仕事ができると思う?

ヘレナ : どうかしら。うまくやってると思うけど。もっと休んだほうがいいかもね。

ステラ : クライアントのために、もっと会社をよくすることを考えたほうがいいと思う。みんなが満足できる会社にしてほしい。特に月曜日はね。みんなにチョコレートを配るとか。

ザ・スリーパーセント・ムーブメントの創業者でCEOを務めるキャット・ゴードン氏が、息子のベン(17歳)に聞いた

Kat and Ben. Source: Bronac McNeill

Kat and Ben. Source: Bronac McNeill

ーーママの仕事は何?

ベン : 多様性とかマーケティングを扱うカンファレンス会社のCEO。

ーー実際には、毎日何をしているの?

ベン : たくさんの人と話をしたり、いろいろな人と会議をしたり。いつも電話ばかりしている。

ーーママの仕事の長所は?

ベン : 家で過ごす時間がたくさんあること。

ーーママの仕事の短所は?

ベン : 僕の知るかぎり、ほかの親より出張が多い。

ーー将来、ママと同じ仕事がしたいと思う?(思わない場合は、何がしたい?)

ベン : 思わない。でも、何がしたいかは、まだ分からない。

ーーどうしたらママはもっとうまく仕事ができると思う?

ベン : 講演とかプレゼンは、もっと練習したほうがいいかもね。

ーーママと同じ業界で働きたい?

ベン : 多分。

LARA O’REILLY(原文 / 訳:英じゅんこ)