誰も「ブランデッドコンテンツ」の意味を知らない:失業中コピーライター(54歳)の告白

ニューヨークで20年以上の経験をもつベテラン広告マン、マーク・ダフィ氏(54)がつづる、辛口エッセイ。これを読めば米広告業界の裏側がよく見えてくる? 今回のテーマは「ブランデッドコンテンツ」。

ーー「コンテンツ」は、セクシーな業界用語の仲間入りを果たした。セクシーすぎて、もう何もかもが「コンテンツ」になりたがっている。ニュースも、広告も、マーケティングも、ネコさん動画も、ポルノも、インフォグラフィックも、白い紙も、ブルックリンもなどなど。

で、そもそも「ブランデッドコンテンツ」とは何なのか?