「これはもはやコメディだ」: Slack ログイン表示に翻弄される、リモートワークの現実とは

怒濤の勢いでロックダウンに突入した結果、緊急事態への対応が、ほぼそのまま新しい日常となった。上司は部下と過剰にコミュニケーションしたがり、中間管理職は不安に駆られ、ついには暴君と化したSlackの赤いドットが多くの犠牲者を出している。「私たちの日常は一夜にして一変した」。