「 Zoom 疲れ 」と闘う日々:「なにもかもがボヤけてきた」

多くの企業は、全員がリモートな存在になるという新しい事態に、「過剰なほどのコミュニケーション」を命じるという対応に出た。最初の数週間はそれが役に立ったが、ある人にとってはそれがいま、正直な話、eメールやSlack(スラック)、あるいは普通の電話で済むところまで、止まるところのないビデオ会議の大洪水となっている。