米「透明性レポート」、なぜ尻すぼみの結果となったのか?:「これは詐欺ではなく共謀だ!」

全米広告主協会(Association of National Advertisers[以下、ANA])の透明性レポートは、多数のメディアに取り上げられて大きな話題となった。内部情報の漏洩は、禁固刑という結果をもたらすのではという憶測にもつながった。業界を震撼させる爆弾となるはずだった。

だが、実際は中途半端な結果に終わった。具体的な固有名詞は一切挙げられなかった。怪しげな慣習が匿名で指摘されたが、特定の企業や個人にはまったく結びつけられなかった。この透明性レポートは結局のところ、それほど透明ではなかったのだ。最終結果は、「過剰に複雑で効率が悪く、二重取りや二重契約で不明瞭なメディアシステム」を垣間見せただけだった。そして、状況はこれからも変わらない。