メディアエージェンシーのAI活用、いかに導入すべきか?:マクサスの事例

エージェンシーのマクサス(Maxus)は、AIプラットフォーム「ルーシー(Lucy)」を使用し、構造化されたデータを再整理して効率を向上させている。たとえば、最近あるホテルチェーンは、系列のビジネスホテル、エコノミーホテル、高級ホテルでどれだけ利用者層が重複しているかをルーシーを使って把握したいと考えた。