「成長したければ、節約すべきでない」: マーケティング調達部門たちの「イメージ改善」の取り組み

これまで「全体像を見ずに数勘定しかしない」という悪評がついてまわりがちだったマーケティング調達部門だが、こうした評判を覆そうという取り組みも行われている。

マーケティングチームは効果的な広告のニーズと価格のバランスを模索している。調達部門の役員もこれを支援すべきだというプレッシャーは高まっており、評判を回復するための取り組みに結びついているのだ。とりわけ、間に合わせのような形で作られたわけではなく、経営陣に話を通すことができるような調達部門でこうした動きは顕著となっている。

「当社では、調達機能が広い範囲で変化しつつあり、マーケティング調達に対する認識も多少変化しつつある」と、ある世界的な広告主のマーケティング調達担当者は匿名を条件に明かした。「幹部レベルでの可視性を実現している。またコストの削減以外にも、イノベーションやチーム同士の連携、ビジネスパートナーといった価値も注目するようになった」。

企業が成長するためのマーケティング調達