代理店の過重労働問題、テクノロジーはどう貢献できるか?

広告業界の長時間労働常態化は、いまに始まったことではない。だが、昨年の大手広告代理店の過重労働問題が世間を騒がせた結果、働き方の改革が強く求められている。しかし技術の進化にも関わらず、担当者の長時間労働は続いている。そんな現状に対して提案する、AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社小西雄一郎氏の寄稿コラム。