FUTURE OF WORK

クールなエージェンシー文化は、もはや「求心力」を失った:「そんな特典はどうでもいい」

コピーライターのショーン氏(仮名)は、米国のクリエイティブエージェンシーや、デジタル広告エージェンシーで10年近く働いてきた。どこも、誰もがうらやむ企業ばかりだ。しかし昨年の3月以降、エージェンシーが持つ「クール」なオーラは、ショーン氏にとって以前ほど大きな意味を持たなくなった。